最前線!通学での防犯徹底リサーチ

top > 通学時の防犯対策について > 子どもの通学と防犯面の充実に関して

子どもの通学と防犯面の充実に関して

 人を見れば盗人と思えという格言がありますが、今の時代はいつ何時犯罪に巻き込まれるか分かりません。
自己責任の部分もありますし、自分の身は自分で守ることが大切ではないでしょうか。
中でも気を付けたいのが、立場の弱い子どもやお年寄りではないでしょうか。
命に直結することがありますし、親御さんにとっては心配が尽きないと思われます。
とりわけ注意を払いたいのが、朝の通学時ではないでしょうか。
少子化の影響もあって、淋しい通りを一人で通学する子どもが増えています。
常時親が付いている訳にもいきませんし、細心の注意が必要不可欠だと言われています。
変質者や犯罪者が一人のタイミングを狙っていますし、万全の体制で子どもを送り出すのがベストです。
知恵を絞って、防犯に役立てることが重要です。

 最も確実な方法としては、子ども用の携帯電話を持たせておくことです。
GPS機能が備わっていますし、迷子になった際には居場所を突き止めることが出来ます。
また、防犯ベルの携帯も有効だと言われています。
ランドセルに結んでおくことで、危険を察知した時にはベルを鳴らすことが出来ます。
大音量でベルが鳴るので、周囲の人が気付いてしかるべき対応を取ってくれるはずです。
自治体によっては、小学校入学と同時に防犯ベルが支給されることがあります。
塾や外出時にも持たせておくことで、犯罪に対する意識を高めることが出来るのではないでしょうか。
無論、量販店においても購入することが出来ます。
値段も下がっていますし、早めに購入をしておくと良いのではないでしょうか。
女子中高生も同様で、身を守ることに神経を尖らせるべきです。

 地域で子ども達を守る運動が進んでいますし、地域によっては子ども110番の家が設定されています。
その家に駆け込むことで、安全に警察に通報されるシステムになっています。
カラーボールも有効ですし、笛を持たせておくことも効果が高いのではないでしょうか。
全体の犯罪数は減少傾向にありますが、誘拐等の凶悪犯罪は増加傾向にあります。
警察と地域の連携は進んでいますが、個人情報の壁が立ち塞がっています。
子どもは地域の宝ですし、大人が協力をして守ることが必要不可欠です。
インターネット上では様々な防犯グッズが販売されていますし、どんなグッズが有効であるかを話し合っておくべきです。
日本の安全神話に甘えることなく、常に神経を尖らせておくべきです。
過剰に考えておいて、ちょうど良いのではないでしょうか。

次の記事へ

TOPへ戻る