最前線!通学での防犯徹底リサーチ

top > 通学時の防犯対策について > 子供の通学では防犯対策が重要である

子供の通学では防犯対策が重要である

 通学中、通学路にある子供の危険とはどういうものがあるのか、しっかり確認しておくことが保護者の務めです。
例えば、不審者による連れ去り、声掛けがあります。
親ができる防犯対策は、暗くなる前に帰宅させることですが、通学路も安全とは言い切れません。
塾に通っていれば、明るいうちに帰ることも難しくなります。
そこでポイントとなるのが、狙われやすい時間の確認です。
声掛け事案の多くが、通学路で発生しており、下校時間にあたる午後3時から5時に集中しています。
また対象となるのは判断力が乏しく、この下校時間に該当する低学年の子供です。
そのため、防犯意識を高めるにも、通学路を歩いてみること、さらにこども110番の家、コンビニなど、いざという時に助けを求められる場所の確認も大切です。

 その上で、防犯に役立つアイテムを子供に持たせることが大事になります。
最近では、ランドセル本体にも防犯機能が備わっており、リフレクターが車のライトに反射し、通行人がその場にいることを車道側も歩道側からも確実に確認ができます。
また、防犯ブザーもランドセルやカバンに付けられています。
しかし、いざという時に使えるのか、ブザーが手に届く位置に付いていることや、故障や電池切れがないように、日常的に点検することも大切です。
中高生は、危険だと感じればそれなりの反応が取れるものですが、低学年では難しくなります。
ランドセルも身を守る道具となることを教えておくのも良い方法で、盾となったり、浮力もあるので浮き輪の代わりにもなります。
子供自身が使えなければ意味がない、このことが防犯アイテムでは重要です。

 防犯の意識があっても、通学する子供に親が付きっきりとはいかないため、今ではGPS機能が搭載されているキッズ携帯が使えます。
アプリケーションをダウンロードするだけの手軽さも魅力です。
例えば、出発してからの5分毎の足どりを確認でき、登録エリア外に出てしまっても、メールでその旨が通知されます。
もちろん、居場所を探すのにも向いているので、連れ去りなどの被害も少なくなります。
ですが、大半の学校では携帯電話の持ち込みは禁止されているので、防犯ブザーと連動する形が取れるのが理想です。
その他、生活習慣を学習する知能搭載であれば、とある1日の通学スタイルに変化が生じた際、異常を瞬時に捉えて知らせてくれます。
親子のコミュニケーションが図れること、さらに地域で子供を見守ることも加えて大切です。

TOPへ戻る