最前線!通学での防犯徹底リサーチ

top > 通学時の防犯対策について > 子供の通学時の犯罪被害を防ぐために

子供の通学時の犯罪被害を防ぐために

 お子さんがいる家庭では、日ごろから子供が危ない目に遭わないように目の届く範囲で遊ばせたりすることも多いでしょう。
特に外出時などは子供が走りまわってケガをする、交通事故などの被害に遭わないようにしっかりとお子さんを守ることも必要です。
ですが、学校などに通う年ごろになると通学時において親が常に子供を守るというわけにはいきません。
そのため、防犯グッズなどにより対策をしておくことで子供の安全を守るようにしましょう。
集団で下校する場合には犯罪などの被害に遭うということは少ないですが、単独で帰宅中などの場合に声掛け事案など比較的確率が高い傾向もあります。
知らない人から声をかけられてついていくことがないようにきちんと教育をしておくことも大切ですが、状況におうじて周囲に対して危険を知らせるためのグッズなどを子供に持たせておくことも対策としては有効です。

 暗い、人通りの少ない場所なども危険な場合があるため少しでも明るく人通りの多い場所を通って帰るというのも対策につながります。
そのため、普段から子供にできるだけ教育しておくことも必要です。
また、GPS機能などを利用した子供の位置がわかる防犯グッズなども市販されているため通学時や下校時など通常のルートからはずれて別の場所にいないかなど親側である程度把握するというのも一つの方法です。
いつもなら帰宅しているのになかなか帰ってこない、どこにいったのかわからないなど不安になることもあります。
居場所をチェックできれば迎えに行くことも、状況によってはあとどのぐらいで帰宅するかなどもある程度予測がつくため安心です。
さまざまな方法により子供の安全を守る、犯罪に巻き込まれないようにするための対策は必要です。

 グッズを頼るということも防犯上大切ですが、子供に危機意識を持たせて危険な状況は回避できるように教育することが最も重要です。
グッズを持たせているから安心と気を緩めてしまうとその隙をつかれて犯罪に巻き込まれる可能性もでてきます。
日ごろから行動をする場合には、常に安全に気を配ることやあやしい人、知らない人には近づかない、簡単に気をゆるさないなど子供がきちんと対応できるように日ごろから教育しておきましょう。
また、通学時や下校時など一人にならないように友人らと複数で行動するなどできるだけ単独な状況を作らないように言い聞かせておくことも大切です。
常に親が子供を守れるとは限らないため子供にもできる限り自身を守れるように日ごろから教えこむことも重要なポイントといえるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る