最前線!通学での防犯徹底リサーチ

top > 通学時の防犯対策について > 通学時にはミニブザーなどで安全対策

通学時にはミニブザーなどで安全対策

 お子さんの通学時の安全を守るための対策としてオススメなのが、防犯機能の高いミニブザーなどのグッズです。
ランドセルや通学カバンにつけられるタイプのものが多数販売されており、持ちやすく人気となっています。
価格はおよそ1000円前後から購入可能で、お子さんのカバンにつけても違和感のない可愛らしいデザインのものもあります。
一見するとブザーである事が分からないようなデザインのものもあり、日常的に使用しやすくなっています。
また、可愛いデザインのブザーを持つのには抵抗があるという男の子向けのシンプルなデザインのものもあり、黒いランドセルにもマッチしやすく好評です。
使用方法としては、紐を引っ張って音を鳴らすタイプのものやボタンを押して音を鳴らすものなどがあります。
お子さん1人でも扱えるような分かりやすい設計なので、使いやすく安心です。

 帰りの時間が部活動などで遅くなってしまった場合などに役立つ防犯グッズとしては、子供用の携帯電話が挙げられます。
通学の途中であってもいざという時には電話で連絡を取る事が出来るので、保護者の方が迎えに行く際の待ち合わせにも役立ちます。
子供用の携帯電話は、普通のスマートフォンなどと異なり必要な機能に限定されているのが特徴です。
スマートフォンを持つのにはまだ早いと感じている年齢のお子さんにも、安心して持たせやすくなっています。
電車通学をされているお子さんの場合は、子供用の携帯電話を持つ事で電車の遅延などが起きた場合でも連絡が取りやすくなるため特にオススメです。
また、防犯用のブザー機能を備えている子供用の携帯電話もあり便利です。
GPS機能を備えているものも多く、お子さんの居場所を把握出来るようになっています。

 万全の状態で安全対策を行いたいという方にオススメなのが、防犯用のミニブザーと子供用の携帯電話を両方所持する方法です。
ブザーはカバンに取り付ける事で緊急時にすぐ使用する事ができ、子供用の携帯電話は帰りが遅くなった場合などの連絡手段として活用する事が出来ます。
校則によっては携帯電話の所持が禁止されている学校もありますが、その場合はお子さんに公衆電話の使用方法を教えておくと安心です。
公衆電話用の小銭と保護者の電話番号を常に持たせておき、通学途中でも保護者に電話が出来るようにしておきます。
小銭では通話時間が心配であるという場合には、お子さんにテレホンカードを持たせておくのもオススメです。
防犯対策のためにも、お子さんにテレホンカードや公衆電話の使用方法を教えておくのが大切であると言えます。

次の記事へ

TOPへ戻る