最前線!通学での防犯徹底リサーチ

top > 通学時の防犯対策について > 通学時間のときの防犯対策とは何か

通学時間のときの防犯対策とは何か

 子どもさんの防犯対策をしようと考えている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
不審者が子どもさんを連れ去っていったらどうしようかということを常日ごろから心配している人は、たくさんいらっしゃることでしょう。
学校や遊びなどから帰ってくるときには、親からすれば暗くなる前に帰るようにと言うことが多いでしょうけれども、子どもからしてみればまだ遊び足りないということを思っていることも考えられます。
しかしながら、通学路は絶対に安全だと言い切ることはできません。
習い事や塾などに通っていれば、明るい時間帯に帰って来ることができないということもたくさんあるので、保護者の方々は不安で仕方がないこともあるでしょう。
そうであれば、あらかじめしっかりと注意すべき点を押さえておきましょう。

 子どもに対して不審者が声をかけるということのほとんどは通学路で起きています。
頻発する時間としては、登校時間の8時台をはじめとして、あとは下校時間の午後3時から午後5時です。
声をかける対象となっているのは、小学校の高学年の子どもさんたちよりも低学年のほうが非常に多いです。
声をかけるときには、子どもさんに対して巧みな言葉を使いながら近づいていくので、それが大きな犯罪となることもあります。
よって、不審者による声かけは見逃すことができないと言っても過言ではありません。
子どもが被害に遭うことが多いのは、主にひとりでいるときです。
複数でいるときであれば不審者もなかなか声をかけにくいですが、ひとりであればかけやすいでしょう。
子どもさんがひとりにならないようにしてあげることが大切です。

 不審者は、巧みな言葉を使うので子どもさんたちも信じてしまうことが非常に多いです。
不審者による声かけがたくさん発生していることから、あらかじめしっかりと警戒をしている子どもさんも多いかもしれませんが、信じてしまいがちな言葉を使って誘ってくる不審者もいますので、注意が必要です。
とにかく、知らない人から声をかけられて誘われたときには、耳を貸さないということを徹底させるようにしましょう。
下校をするときでも遊びから帰るときであっても、友達と一緒に行動をするようにして、辺りが暗くなる前に帰るようにするということを徹底させることが大切です。
もしもやむを得ずひとりで帰らなくてはならない状況になったら、人があまり歩いていない場所や暗い道などには近づかないようにさせましょう。

次の記事へ

TOPへ戻る