最前線!通学での防犯徹底リサーチ

top > 通学時の防犯対策について > 通学時間の防犯対策に関して考えよう

通学時間の防犯対策に関して考えよう

 子どもさんの防犯対策のことを常に考えている人たちも、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
最近では、不審者が子どもさんたちに声をかけるということもあるので、心配になる人も多いことでしょう。
子どもさんのことが心配であるのであれば、あらかじめしっかりと防犯対策をしておきましょう。
普段から行うことができる対策はたくさんあるので、被害に遭わないようにするための行動を子どもさんに徹底させるようにしておくことをおすすめします。
まずは、なるべくひとりで行動をしないように注意させておきましょう。
ひとりでいると不審者も声をかけやすくなるので、学校から帰るときや遊びから帰るときなどには、なるべく友達と一緒に帰るようにすることで、被害に遭わないで済む可能性が高くなります。

 万が一、子どもさんの帰りが習い事などで遅くなる場合には、できる限り保護者が送り迎えなどをするようにしたいところですが、家庭の状況によってはできないということもあるかもしれません。
いつも通い慣れている通学路であっても、夜になれば危険な場所もあります。
子どもさんが歩く夜道の安全をあらかじめしっかりと考えておきましょう。
帰るときには、なるべく人通りが多くて明るい道を選ぶようにすることが大切です。
若干遠回りになっても、ガードレールがあって歩道と車道がきちんと区別されていて、人通りが多くて明るい道を歩かせましょう。
また、コンビニエンスストアなどといった、もしものときに助けを求めることができる場所があるかどうかということもチェックしておくと安心することができます。

 子どもさんには、常日ごろから周りの様子に警戒をするように言い聞かせておきしましょう。
後ろから聞こえる足音、そしてバイクや車の接近をあらかじめしっかりと察知しておくと、もしものときでもすぐに対応をすることができます。
特に夜になって道を歩くときには、油断することなく周りにしっかりと注意を払って早歩きで帰ることがもっとも大切です。
雨が降るときなど、悪天候の場合には雨音などで人や車などが接近してくることに対して気付けないこともあるので、注意をしておいてください。
バス停や駅などに迎えに行く際には、できる限り子どもさんを待たせないようにして、スピーディーに迎えに行くようにしましょう。
もしも子どもさんが待たなくてはならない状況になったときには、安全に待てる場所を決めておくと良いでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る